HOME >サービスのご紹介
Content_image
yajirushi
system_consulting
システムコンサルティング

お客様のビジネス形態についてヒアリングを行い、業務において集まってくる情報、活用に向けて蓄積すべき情報、情報を蓄積するための手段・方法、情報の活用を推進するためのシステム構成などをご提案します。

open_integration
オープンインテグレーション

オープンインテグレーションとは、オープンソースや学術論文などの最新公開技術を活用し、最新の技術・手法でソリューション提供することを目指して提唱したLAFLA独自の造語です。IT技術の革新はめざましい勢いで進行しておりますが、一方で大学などの最新技術が産業界に普及するまでには一定の時間がかかっているのが現状です。 LAFLAでは、大学の隠れた研究資産を掘り起こし、産業界のニーズとマッチングし、そのままインテグレーションまで行います。私たちは、産学連携を促進していくことが日本のIT技術のよりよい活性化をもたらすことができると考え、情報活用や情報整理について、従来製品では解決できないようなお悩みを持ったお客様に新しいソリューションを提供してまいります。

研究資産の活用

お客様のニーズを解決するため、検索技術分野、マイニング分野、情報整理(クラスタリング等)、レコメンデーション分野などを中心とした様々な技術を学術論文から習得しています。検索分野では、B-Tree+、Suffix Arrayをはじめとしたインデックス方式。 Google Suggestのようなリアルタイム検索を可能とするTrie検索方式や、類似文書検索技術、ACオートマトン(高速逐次検索方式)などを保有しており、様々な検索ニーズに応えることが可能です。マイニング分野では、TF-IDF, SMARTなどの特徴語抽出手法や関連語計算技術、また特徴的なパターンを超高速に抽出する技術を保有しており、超巨大なデータから意味のある情報を自動抽出することが可能です。情報整理向けの技術としては、アイテムに対して付与された大量のタグや属性の付与関係から 属性の親子関係を超高速に求める技術を保有しております。これにより、巨大サイトでのカテゴリ設計や情報共有サイトにおけるカテゴリ設計など、管理者様の煩わしい作業を解放することが可能です。 レコメンデーション分野では、リアルタイム性のある推薦を行うことが可能なため、サイトに訪問したお客様の行動をリアルタイム性に補足してタイムリーな推薦を行うことが可能です。これらの技術の多くは既に動作実績があり、お客様のニーズに即座に活用することが可能です。

オープンソースの活用

企業の競争が激化している中で、イノベーションに特化した部分に社内リソースを集中することは多くの企業で望んでいることです。ICTシステム開発分野でもそのようなニーズに応えるべく、オープンソース技術の活用が広く浸透してきています。 LAFLAでは、同定Web開発に必要となるLAMP技術を始め、開発の効率化と高い可用性を実現している Web開発フレームワークであるDjangoを用いて開発を行っております。DjangoはRuby on RailsのPython版のようなもので、ICTシステム開発に必要不可欠なアプリケーション群と高度な開発フレームワークを備えており、当該技術はGoogle App Engine上でもサポートされています。その他、様々なオープンソースを活用してお客様のニーズに応える製品群の開発を行っております。

クラウド技術の活用

LAFLAで開発しているシステムの多くはクラウド上で稼働しています。IAAS環境のAmazon EC2や、PAAS環境のSalesforce Force.comやGoogle App Engine。 これらの開発環境を使って多くの開発を可能としています。クラウド上での開発の主なメリットは、開発効率性の向上、H/W初期投資が不要、運用・保守費のコスト削減で、お客様のITコスト負担を激減させ、イノベーション創出機会を増やします。 LAFLAは、Salesforce CRMの販売パートナーとGoogle Appsの開発パートナーです。私たちは、お客様のニーズをクラウド上で実現する技術と経験を兼ね備えています。

yajirushi
Lafla top image

有報Lenz Lafla top image

有価証券報告書に記載されている「業績の概要」「対処すべき課題」「事業等のリスク」など各セクションに対し、そのセクションに現れる言葉のつながりを提示し、ここに現れる言葉を見渡すことで、利用者に関連する製品、技術、周辺ビジネスなどに対する新たな気付きを与え、市場トレンドや企業の戦略的方向性を 比較分析するためのシステムです。株式会社矢野経済研究所と共同で開発・サービス提供しております。 また、有価証券報告書の内容のみであれば、有報リーダーサイトから無料にてご覧いただけます。

Lafla top image Lafla top image Lafla top image
Lafla top image

Japan in Motion

動画コンテンツを300以上揃え、日本中の観光地や文化を海外に向け魅力的に発信しているサイト。 システム開発を担当。
オープンソースを基板としてCMSシステムを構築し、 日本の魅力について意見交換するためのコミュニケーション機能(Tweet機能、コミュニティ機能)や 動画配信プラットフォームを実現しています。 また、同サイトをクラウド上で運営することにより、低コストで運営し、かつ、海外からのトラフィックに対してより早くレスポンスできるよう工夫されています。

Lafla top image Lafla top image
Lafla top image

薬品名類似度評価システム

東京大学大学院薬学系研究科 医薬品情報学講座(澤田研究室)と九州大学システム情報科学研究院 情報理学部門(竹田研究室)にて共同開発された薬名類似度評価システムを用いて、類似薬名を検索するシステム。 従来の類似指標と比較して、実際に取り違えが生じた組み合わせを的確に判断できることが確認されており、ユーザは薬名を入力し、類似している薬名を様々な指標で検索することが可能です。 ※現在同サイトはプライベート公開となっております。

Lafla top image Lafla top image
PRODUCT
自社製品

簡単なステップにて導入いただける、マイニングサービスからデータ蓄積インフラまで、いくつかのサービスをご紹介させていただきます。

yajirushi
Lafla top image

LPO MINDEX Lafla top image

LAFLAの独自技術であるテキストマイニングと可視化技術によって誕生した新しいサイト内検索ツール。ワードの繋がりを見える化したインターフェースなので、直感的に検索でき、新たなワードに“気づき”を得ることができます。

Lafla top image

らふらCMS

これまでのCMSにはなかったSEO対策に強い、新しいCMS。 担当者の管理の手間も大幅に減らすことができ、また自社製品などのPRに最適な動画コンテンツページも簡単に作成できます。